フォローしたいお店のインスタグラム撮影テク!【初級編】
集客・広告

フォローしたい飲食店のインスタグラム撮影テク!【初級編】

ざっくり言うと

  • 料理をきれいに撮るには順光ではなく逆光で
  • グリッド3分割法の交点上にポイントを置く
  • 背景の「ノイズ」を取って被写体に視線を

 

お店の名前でインスタグラムを始めてみたものの、得意なアルバイトの子に任せっぱなしで、そのコが辞めてからは更新ストップ……。

料理の写真がなんとなくマズそう、でもそのまま掲載し続けてしまっている……。

 

皆さん、その写真の先には、見ているお客様がいること、ちゃんと想像していますか?

いまどきの10代、20代の方は、服や飲食店をインスタグラムで探したりします。

またインスタグラムは位置情報を入れられるなど、画像イメージを伝えるだけでなく、お店の広告、集客装置にもなり得るんです。

 

すっかり無視できなくなったインスタグラム。そんなインスタグラムの撮影テクニックや運用のコツを、インスタグラム活用レストラン検索アプリ「QUIPPY」を開発した、株式会社richTABLEのCEO奥村さんにお聞きしました!

 

料理の写真を上手く撮るコツは?

 

インスタグラムでも、料理の写真を上手く撮る基本は、普通の写真と同じです。
主なポイントは3つ。

 

  1. 料理写真は順光ではなく逆光で撮る
       
  2. グリッド3分割法の交点上にポイントを
       
  3. 背景の「ノイズ」を取る

 

それでは順番にご紹介します。

 

1.料理写真は順光ではなく逆光で撮る

順光とは、カメラを覗いたときに、手前から奥へ光が射している状態。

逆光とはカメラを覗いたときに、奥から手前へ光が射している状態です。

 

順光写真の例順光で撮影したりんご

 

逆光写真の例逆光で撮影したりんご

 

フラッシュで撮った写真も「順光」になります。

これらの料理写真を見て分かるように、順光の写真はのっぺりした印象ですが、逆光の写真は料理に立体感が出て美味しそうに見えますね。

 

逆光で撮影したい場合、ベストは窓際の自然光で撮ること。もしそれが難しければ、ライトが背後に来るような位置で撮りましょう。

ただし、逆光はうまくやらないと画面全体が暗くなってしまうので、場合によっては画像補正をかけましょう。

 

2.グリッド3分割法の交点上にポイントを

画面を3分割にして撮る、有名な3分割法という撮影方法があります。

画面を縦横3分割ずつにしたグリッドを頭の中で意識します。その交差するところに、一番見せたいものやポイントとなる被写体が来るように意識すると、バランスのとれたプロっぽい写真になります。

配置に迷ったらこの方法を試してみてください。

 

グリッド画像のイメージ例
グリッド写真の例

 

3.背景の「ノイズ」を取る

料理写真以外のものは、画面に写らないようにしましょう。余計なものが写っていると「ノイズ」になり、見せたい部分に視線が集まりません。

散漫な印象になってしまうので、背景に壁や灰皿、人などが入らないように注意しましょう。

 

ノイズ写真の例ノイズ写真例

 

メイン料理の背景に他の料理が映り込んでいますね。

メイン料理に視線を集めるためにも、画面内からどかしましょう。

もし奥のものを含めて見せたい場合は、もっと料理同士を近くに寄せてくださいね。

 

押さえるべき基本はまずはこの3つ。もちろんテクニックは他にもたくさんありますが、いっぺんに覚えるのは難しいので、まずはここから始めてみてください。

 

次回の「中級編」は色味や構図、おすすめのアプリなどをご紹介します!もっともっといい料理写真が撮りたくなりますよ。

 

メールマガジン会員登録

メールマガジン会員登録

「接客の極意」動画解説公開中!

「接客の極意」動画解説公開中!

飲食店用品.jp LINE@はじめました!

飲食店用品.jp LINE@はじめました!

飲食店診断

飲食店診断

ランキング

  1. 飲食店の内装工事、耐用年数と減価償却のポイント
    内装・外装

    飲食店の内装工事、耐用年数と減価償却のポイント

  2. 初詣はここで決まり!商売繁盛にご利益のある神社7選
    集客・広告

    商売繁盛にご利益のある神社7選

  3. 【潜入調査団】感動したのはここ!飲食店接客ポイント
    接客

    飲食店の接客ポイント。感動したのはここ!【潜入調査団】

  4. 【比較表付き】飲食店のリスクと店舗にかける保険の選び方
    教育・管理

    【比較表付き】飲食店にかける保険の選び方

  5. バッシングのポイント。お店の回転率と好感度がUPする!
    教育・管理

    バッシングのポイント。お店の回転率と好感度がUPする!

  • 飲食店用品.jp

    業務用ツール通販サイト| 飲食店用品.jp

人気のキーワード