知らないと危険!店内BGMを流すためにやらなければいけない手続き
内装・外装

店内BGMの著作権手続き

ざっくりいうと

  • 店内BGMを無断利用することのリスク
  • 店内BGM利用に必要な著作権手続きとは
  • 手続き大変そう…そんな時は音源提供事業者を活用しよう!

 

自分の好きな曲や懐かしい思い出の曲が店内BGMで流れてきたりすると、ついつい聴き入ってしまうことってありますよね。

 

流れてくるBGMが好き、という理由で、来店する店を選ぶというお客様もいるくらい、飲食店の雰囲気作りに音楽は欠かせません。

 

飲食店にとって、料理の味や接客態度のクオリティアップは大切なことですが、店内に流れているBGMも、お客様の満足度をあげるためには、忘れてはならない重要な要素なのです。

 

飲食店で楽しそうに談笑する女性3人

 

飲食店でBGMを流すためには

 

そもそも店内BGMはどのように流していますか?

 

自分の好きな音楽CDを店内で流しているというお店もあるかと思いますが、CDなどの録音物を利用して音楽を流す場合については、著作権手続きと使用料の支払いが必要となります。

 

2015年6月 9日には、音楽関係の著作権管理をしている一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が、再三の通知にも関わらず、BGMの利用手続き(音楽著作権の手続き)を行わなかった全国の171事業者、258施設に対し、法的措置を行っています。

 

著作権法の観点から、音楽の利用については年々取締りが厳しくなってきています。

 

しかるべき申請を行わずにBGMを流すことは、法律的に罰せられる可能性があり、飲食店にとって大きなリスクとなってくるのです。

 

>BGMを利用する全国258施設(171事業者)を一斉に法的措置

>お店などでBGMをご利用の皆様へ

※共にJASRACのページへ移動します。  

 

音源提供事業者を活用する

 

飲食店で音楽を流すには、JASRACへの手続きが必要だと理解したものの、いざ申請するにはどうしたらいいのでしょう。

 

実際の手続きの流れは以下の通り。

 

  1. 使用したい音楽がJASRACの著作権管理か確認
     
  2. 申込書類の作成(BGM利用申込書を利用)
    ※申込書は、担当支部を確認の後、電話で送付依頼をするか、JASRACホームページよりダウンロード
     
  3. 申込書類の提出
    ※提出方法:①FAX ②郵送 ③支部窓口に提出。
     
  4. JASRACより許諾書と請求書を受領
     
  5. 使用料の支払い、BGM利用開始

 

BGM利用申込書見本

JASRAC BGM利用申込書

 

けれど、いざ手続きをしようと思っても、どのくらいの日数で完了するのか?

日々の仕事で忙しい中、申請業務を行う時間が取れるのか?漏れなく申請できるのか?など、いろいろな心配事がでてくると思います。

 

そういうときには、思い切って音源提供事業者を活用しましょう。

 

音源提供事業者とは、JASRACと契約を結び、利用者に代わってJASRACへの申請、登録を行ってくれる、いわば手続代行会社。

 

自分で一から申請手続きを行うよりも、プロにお任せしてしまったほうが非常にスピーディーで効率的なのです。

 

<音源提供事業者を活用するメリット>

  1. 著作権関連の煩雑な確認、手続きをしなくてもよい
      
  2. 音源(CDなど)の購入をする必要がない
      
  3. 専用機器やアプリケーションが提供され、簡単に利用ができる
      
  4. 音楽のジャンルや雰囲気を選ぶ事ができ、随時変更ができる

 

リラックス効果の高いBGMならデラの「ヒーリングBGM」がオススメ

 

音源提供事業者の中にも、それぞれの会社で特徴があります。その中で、ヒーリング系のBGMを探している方にオススメなのが、株式会社 デラが提供している「ヒーリングBGM」

 

ヒーリングミュージックを手がけて35年、パイオニアレーベルが作った店舗用BGMです。

 

具体的にはどのようなBGMなのか?実際にデラのBGMサービスを導入している、六本木の馬肉と鉄板料理店、『鉄板 さくら 田谷』さんにお話をうかがいました。

 

-昼と夜の営業とのことですが、それぞれの客層はどうなっていますか?

 

昼のランチ営業時は若干女性の方が多いです。夜のディナーは年齢層が上がり、男女問わず近隣の会社勤めの方が接待などで利用くださることが多いです。

 

鉄板料理屋店内の写真

鉄板料理と言えば調理場を目の前に視覚で楽しめるのも魅力のひとつ

 

-ヒーリングBGMを導入する前、店内のBGMはどうされていたのですか。

 

持っていたCDをかけていました。自分の趣味のCDや友人からいただいたCDなどをかけていましたね。

 

-お手持ちのCDなどの音源をJASRACの許可なく流すと、法令違反になってしまうことはご存知だったのでしょうか。

 

定期的にJASRACからの通知があったので、それは知っていました。

 

-ヒーリングBGMを導入しようと思われたきっかけは何ですか。

 

それまでは手持ちのCDをBGMとして流してしまっていたため、JASRACから店内BGMに関する通知が来ているところでした。

 

何かしら対処をしなくてはいけないと思いながらも、やるべきことが漠然としていて、どうしたら良いか考えあぐねていたところ、デラのヒーリングBGMの事を耳にしたのです。

 

たまたまお店から近くの会社だったということもあり、一度ご相談させていただいたところ、思っていたよりも安価にサービスを利用できるとわかりました。

 

JASRACからの通知に対する不安もありましたので、このサービスを利用すれば、これから気兼ねなく音楽がかけられると思うと、肩の荷が下りたような気持ちになり、すぐに導入を決めました。

 

雰囲気のある店内個室の画像

夜は雰囲気のある個室の用意も

 

-サービスプランにはタブレットとCDがありますが、どちらをお使いですか。

 

CDです。タブレットも検討しましたが、元々店内BGMはCDで流していたので、大きなCDプレイヤーがあったんです。なので、またそれを使えばいいかと思い、CDにしました。

 

-現在、どのようにヒーリングBGMを利用していますか。

 

昼と夜でBGMを使い分けて利用しています。
ランチの時間帯は少しテンポのいい軽めの曲、夜はジャズをはじめ、ムーディーな楽曲を選んで流しています。

 

CDが5枚入るタイプのCDプレイヤーを使っているのですが、営業時間中にCDを入れ替えることもほとんどしなくて済むので、ちょうどBGMが終了するタイミングで、営業も終了するという感じです。

 

-ヒーリングBGMを導入してから何か変わったことはありますか。

 

ランチもディナーも両方利用してくれるお客様や、常連の方が増えた感じがします。

 

ゆったりくつろぎながら食事を楽しんでくださっているお客様も見受けられますよ。その分売上にも貢献してくださっていると思います。

 

デラのヒーリングBGMは、“癒し”に特化したとてもクオリティの高い音楽なんです。

 

BGMとして主張し過ぎることがなく、けれどそこでしっかりと流れていて…店の雰囲気に非常にマッチし、なんともいえない、良いバランスを保ってくれているんです。

 

この楽曲は、導入する際にデラの営業の方が選んでくださったんですが、自分で選んでいたら気づけなかった楽曲だと思います。

 

第三者の方から見ると、こういう楽曲が店の雰囲気に合う印象なんでしょうね。自分の店を客観視することができ、新しい発見でしたね。

 

-ヒーリングBGMを導入する上で、手続きや設備の面で面倒なことはありましたか。

 

全くありませんでしたよ。私は申込書を書いたくらいで、後はお任せできましたから。すぐに終わったので仕事の負担にもならず助かりました。

 

直接JASRACと手続きをしていたら、もっと時間がかかったかもしれません。

 

-お気に入りのタイトルはありますか。

 

ハワイアンが好きなので、ウクレレ系の音楽が好きです。本当はハワイに行きたいんですが…なかなか行けないので、音楽を聴いて行った気持ちになっています(笑)

 

-最後に、BGM導入を検討されている方にアドバイスをお願いします。

 

長く働くほど、固定観念にとらわれて自分の店を見てしまいがちだと思います。

 

しかし、今回ヒーリングBGMを導入したことで、自分だけでは見えてこなかった、店の雰囲気や特徴に改めて気付かせてもらうことができました。

 

店のイメージを一新したいと思っている場合には、まずはBGMを変える所から試してみると良いかと思います。

 

もちろん利用申請についても、専門の方たちにやっていただけるのでとても安心です。最低限の書類作成以外、自分は何もしなくて良かったので効率的でしたし。

 

毎日仕事が忙しくて時間が作れないという飲食店経営者の方ほど、こういった会社をうまく活用することをおすすめします。

 

CDが5枚入るデッキ

CDが5枚入るデッキ

 

たかがBGM、されどBGM。BGMひとつで、店内の雰囲気や客層がガラッと変わってしまうこともあるようです。

 

あまりBGMにはこだわっていなかった…という方は、これを機にBGMとして流す音楽を見直してみてはいかがでしょうか。

 

取材協力:鉄板 さくら 田谷 オーナー 田谷 和典 氏・田谷 幸子 氏

画像:デラ

 

株式会社デラ 資料請求はこちら >

 

鉄板 さくら 田谷

所在地:東京都港区六本木5-18-20 六本木ファイブビルB1F
TEL:03-5561-6700
営業:月~土(日、祝定休日)
昼12:00~15:00(LO.14:30)※土はランチ休み
夜17:30~23:30(LO.22:30)

メールマガジン会員登録

メールマガジン会員登録

「接客の極意」動画解説公開中!

「接客の極意」動画解説公開中!

飲食店診断

飲食店診断

ランキング

  1. 飲食店の内装工事、耐用年数と減価償却のポイント
    内装・外装

    飲食店の内装工事、耐用年数と減価償却のポイント

  2. 初詣はここで決まり!商売繁盛にご利益のある神社7選
    集客・広告

    商売繁盛にご利益のある神社7選

  3. 【比較表付き】飲食店のリスクと店舗にかける保険の選び方
    教育・管理

    【比較表付き】飲食店にかける保険の選び方

  4. フォローしたい飲食店のインスタグラム撮影テク!【上級編】
    集客・広告

    フォローしたい飲食店のインスタグラム撮影テク!【上級編】

  5. 【潜入調査団】感動したのはここ!飲食店接客ポイント
    接客

    飲食店の接客ポイント。感動したのはここ!【潜入調査団】

  • 飲食店用品.jp

    業務用ツール通販サイト| 飲食店用品.jp

人気のキーワード